2005年06月27日

適当なんてむりだよ

むりだよ
posted by tuto at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕達はみな、一人残らずまじめで一生懸命で素直で、そして最後はなぜかいつも切なかった

大学時代初めて付き合った彼女は
携帯で朝の5時まで長電話したりするくらいの関係を経て付き合った
当時はまだPHSで電話料金が5万とかきて射精しかかったのを覚えてる
後にも先にもあんな一生懸命の恋愛はもうできないだろうなぁ

恋愛中もメチャメチャ一生懸命で
俺も童貞で彼女も処女で付き合って1年くらいしてやっとセックスできた
コイツが俺の人生の唯一の女になるだろうなとかも思ってた

まあでも結果的に色んな食い違いで別れたんだが
お互い”もう恋愛はできないや”って言い合って別れた
その後もメシ食いに行ったりしたんだけど関係は修復できなかった
それでも俺は彼女のことが実は忘れられなくて1年たったある日にもう1回やり直そうと
電話をしたら”ゴメン・・・彼氏ができた”と言われた・・・

その日からかな・・・真面目に恋愛できなくなったの・・・
posted by tuto at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

よだれとかダラダラたらしてあーあーいってる奴が主人公なの?

聞いてくれ もうお前の言うことなど分からない
だからそこまで行くよ
posted by tuto at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よだれとかダラダラたらしてあーあー言ってる奴が主人公なの?

聞いてくれ もうお前の言うことなど分からない
だからそこまで行くよ
posted by tuto at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よだれとかダラダラたらしてあーあー言ってる奴が主人公なの?

聞いてくれ もうお前の言うことなど分からない
だからそこまで行くよ
posted by tuto at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よだれとかダラダラたらしてあーあー言ってる奴が主人公なの?

聞いてくれ もうお前の言うことなど分からない
だからそこまで行くよ
posted by tuto at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボクたちの同窓会

社会人一年生の夏に
故郷で開かれた同窓会に集まった、小学生時代の仲良し6人組。
広く感じた教室も、今見ると椅子と机の小ささに驚き
当時の些細なことまでが思い出されていく。

校庭に出て、あの頃のようにみんなでドッジボール。
今では小さく感じられるジャングルジムに我先にと登ったり
服のままプールに飛び込んだりと、
社会人になった男女が、子供の頃のように大はしゃぎ。
楽しい時間はあっという間にすぎ、夜の花火へ。
別れの予感が6人の脳裏をよぎる。
最後の花火が、このままつかなかったらいいのに・・・。

帰りのバス。
遊び疲れて眠る5人の横で、
流れる夜景を眺めながら、コカ・コーラを飲む女の子。

「こんなに楽しいのに、なんで泣きたいんだろう。」
posted by tuto at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

え?

「おお、おい○○が笑ったぞwww」
月    席替え          ヒソヒソ・・・        「え?まだ居たの?」
曜          グループ学習   歌えないカラオケ
の   調理実習                 体   「あれ?今日呼んだっけ?」
朝             修学旅行   怨み 育         休       弁当
 コソコソ・・・            罰ゲーム告白           み  「調子乗ってんじゃねーよ」
        「なんでお前もくんの?」       図       時間
              飲まされた泥水      書               ト    「えーと、誰?」
  二人組み       好きだったあの子    室       ザワ・・・   イ    鬱
          寝たふり      「なんか臭くない?」   落        レ
MDが友達      「おいお前コンビニ行ってこい」      書
                                     き
   画鋲   机に花   キモイ・・・        隠された所持品   「ちょっと金貸してくんねぇ?」
ザワザワ・・・・             「なにアイツ?」     ガヤガヤ・・・
         アドレス帳      嫉妬        保健のテスト100点
posted by tuto at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

ここにいる奴らは全員不安を抱えてるよ

美人たちのダメ人間トークってただのドジっ娘カワイイ話なんだ。
根底が違い過ぎるんだよ・・・

今日さ、池袋のカフェでお茶してたらさ、となりに座っていた
黒いワンピの似合うお姉さん系の美人がいたんだけどさ、彼女
俺の足元に携帯電話を落としたわけ。
 その時俺はどうしたと思う?
当然、無視 そして携帯を拾いに俺の足元にしゃがむ彼女の
胸元を視姦したんだよ。

わかるか意味が?そういうことだ


メルアド皆が教えてくれたし、今も「お疲れ様でした〜(* ^ー゚) 」みたいのが
3通入ってきてるが、なんかつまんねー。一応返事は返したけど、ウップンたまったんで
以前の同僚のブス崎ちゃんにメール送ったら、
「そんな脳内コンパより、ザリガニ釣ってきたが、食えるかな?」だってよ!
これよ、こういったトークにオイラは餓えてるんだ!!
posted by tuto at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナンバーナイン代官山店

練炭買いに行きたいんだけど…
どこに売ってるのかな
posted by tuto at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さぁいこう

女は子宮で物事を考え判断する
いわばマスターコアといっても差し支えないだろう
子宮によって女が操られているという逆説もあるがそんなことはどうでもいい
問題は、女から子宮を摘出するとどうなるのか、だ
おそらく適切な判断が出来なくなり、口端からはダラダラと涎を垂れ流し、
自律神経すらも正常に働かなくなる。スト2で言うところのピヨり状態になるのではなかろうか
見たい。是が非でも見てみたい
posted by tuto at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

シコシコして逝く瞬間にティッシュを取ろうと
思ったのですが1枚もありません。
チンコの皮を思いっきり引っ張り皮の中に精子を
貯めトイレにダッシュしたのですが段差でつまづき
精子を廊下にブチ撒けた瞬間に母に見つかりました。
慌ててカルピスを溢したと言い訳したのですが
どう見ても精子です。
本当にありがとうございました。
posted by tuto at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

tears in heaven

もし僕が君と天国で再会したら僕の名前を覚えてくれているだろうか
もし僕が君と天国で再会したら君は前と変わらずにいるんだろうか

僕は強くならなきゃいけない 進み続けなきゃいけない
だって僕はまだ天国にいるわけじゃないから

もし僕が君と天国で再会したら君は手をつないでくれるんだろうか
もし僕が君と天国で再会したら立ち上がる僕に君は手を差し伸べてくれるんだろうか

僕は自分の道を見つけよう 昼も夜も進んでいく道を
だって僕はまだ天国に留まることを許されてはいないから

時は君を落胆させ 君は時間に屈服するかもしれない
時は君の心を傷つけ 君は神に祈るのかもしれない
神よ、どうかお救いください…

扉のむこうには きっと平和があるんだ
そして僕は知っているんだよ
天国では涙を流さなくてもいいってことを

もし僕が君と天国で再会したら僕の名前を覚えてくれているだろうか
もし僕が君と天国で再会したら君は前と変わらずにいるんだろうか

僕は強くならなきゃいけない 進み続けなきゃいけない
だって僕はまだ天国にいるわけじゃないから
posted by tuto at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごめんね

君が長い風船で剣とかいって僕に切りかかるまねしてたときに
俺がリアクションなしで普通の顔してたら君はそれを拒絶だと感じるのか
君に落ち着きねーなーと言ったら君は不安な気持ちになるのか
ごめんね、俺がそれに対してどうすればいいのかわからなかったから
そういうものも今度から拾うよ
posted by tuto at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こう目を閉じるとおまえらの声が聞こえてくるよ
そしておまえらの息が臭いのも同時に確認できるよ

学校の研究室で夜まで実験してたら、青草のにおいがする風の向こうに教室の一階でキスをする男女の姿が見えた
俺はこれになにを感じればいい?

人事「自己PRをしてください」

日大「・・・・」

人事「何も言わないつもりですか?殺しますよ?」

日大「・・私は御社が御社の将来性を私はとても御社に期待しているので、やはり御社に勤めたいという御社への思いが・・」

人事「ふふ・・私たちにも分かる言葉でおしゃべりなさい 話せることは知っているんですよ」

日大「・・私は居酒屋のアルバイトをしており、いつも笑顔がいいね、と店長にほめられつところが強みです」

人事「そうですよ そういうふうに素直に答えていただけたらなにもしませんからね」

日大「ねぇ、キスしてもいい?」
人事「うーん・・・あの、その、えっと・・・。私キス初めてだから・・・。でも、その、うん、いいよ・・・」

座った状態から、片手は腰の後ろから肩に手をかけて、
もう片方の手で人事の手をやさしくにぎりながらやさしくキス。

人事「ふあ・・・。ふぅ・・・。」
はにかみながら、日大の目をとろんとした目で見つめる人事。

日大「もう一度・・・しようか?」
人事(小声で首をちょこんと動かして)「うん・・・」
posted by tuto at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

友達の日記

おれが昔住んでたところ階段が40段ぐらいあるところだったんだ
部屋で女を強姦したんだけど、事が終わって女が部屋を飛び出して、
その階段を下まで下りてったところで「おーい、ストッキング忘れてる!」
そしたらその40段をまた駆け上って戻ってきたんだよ、その女
とりあえずもう一度部屋に拉致ってもう一発やって解放してやった
posted by tuto at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーは豆をかじって熱湯を飲む

誰もいない無人島にドアがある。
人も動物もいなくて風も吹いていないのに、なぜか、そのドアは閉じたり、しまったりしている。

電車の中で誰かが捨てたジュースの空き缶が自分の足元に転がってきたとき
そんな時一人っきりの子がいる



お前ら騙されたと思って「こんとんじょのいこ」って言ってみろ
えなりかずきが「簡単じゃないか」って言ってるように聞える
posted by tuto at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きみのいってることはうそなんだろうきっと

ピアノがひける記憶喪失に引き続き世界各地でいろいろ見つかった。

バイオリンがひける記憶喪失
チェロがひける記憶喪失
オーボエがふける記憶喪失
トランペットがふける記憶喪失
ホルンがふける記憶喪失
シンバルを使える記憶喪失

こうなるとどこかに指揮が出来る記憶喪失患者は居ないかと思うのが人情。
みんなで探すと指揮棒の絵をかく患者を発見。
早速指揮棒を与えてみるとそれを使ってアナルオナニー。
コイツは外れだった。



大きな黒い船が君の暗い夜の海を冷やしている
大きな黒い鉄塔が君の暗い夜の空を冷やしている
―――なにか、できたかい?

posted by tuto at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くやしいのかい

よいかジェラール。
我々はインペリアルクロスという陣形で戦う。
防御力の高いベアが後衛、
両脇をジェイムズとテレーズが固める。
お前は私の前に立つ。
お前のポジションが一番危険だ。
覚悟して戦え。
posted by tuto at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なにひとつこわくないんだ

ジーコは就任当初から支離滅裂で監督としてどういうチームを作ろうとしているのか
さっぱり見えてこなかった、選手の選び方、布陣、試合の進め方、何一つ取っても
「この監督はこういう人で、こういうことをやろうとしているのだ」というものが見えない、

トルシエは一流監督ではないかもしれないが、色ははっきり出せる人間で、
だから見る側も批判のし甲斐があったし、結果が悪かったら解任だ、
という緊張感が常に付きまとう中で、トルシエの代表チームは勝ったり負けたりしながら、
どうにかチームとして成長して、W杯で予選リーグを2勝1分で勝ちあがった。

トルシエじゃなかったらもっといい成績を残せていたかもしれない、たらればを言えば、
だが、ジーコが監督になって以降と決定的に違う点は、トルシエは明確に批判できる
存在だったことだ、ここがいい、ここが悪いと、そして結果が悪ければ批判の高まりで
解任に追いこむこともできる存在だった、見る側にとって、良くも悪くもトルシエは
非常にエキサイティングで、代表チームの行く末がファンにとっても自分自身の出来事の
ようになる、そういう現象を作り出していた、

だが、ジーコになって以降、この関係は崩れた、ジーコのやることはあまりにめちゃくちゃで
どこから手をつけていいか分からないほど不可解なものだったし、またジーコを擁護する
協会やファンたちの言い分があまりにも信仰じみているので、ファンの選択が「ジーコを
信じるか、信じないか」になってしまったのだ、トルシエ時代は、トルシエのここが悪い、
いいで熱弁を振るっていた人たちは、ジーコ時代になって、ジーコを信じますか、信じませんか
問われるようになって急激に熱意を失っていった、彼らは宗教には別に興味がなかったからだ、

今回、北朝鮮戦の苦戦でまたぞろ迷走を始めたジーコの姿はまさに絶望的なもので
本来ならサッカーファンはジーコの100の問題点を指摘して解任に追いこみたいのだが、
ジーコを解任させるには日本代表が立ち直れないほど負ける以外にないらしいと
分かってしまっているので、ただ呆然と事態の推移を見守るだけなのである、
posted by tuto at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。